大阪市東淀川区Makers行政書士事務所,介護事業・障がい福祉サービス事業開業サポート/訪問介護開業,訪問看護,デイサービス開業,福祉用具貸与,居宅介護,就労移行支援,就労継続支援A型・B型,放課後等デイサービス,児童発達支援,相談支援などの介護事業立ち上げや指定申請、設立,大阪,京都,兵庫,神戸,大分,宮﨑,熊本

 

 
 
 
 
 

8月5日のアメブロより (ケアマネ)

 

 お久しぶりです。
たった今 顧問先様から電話がかかってきました。

その事業所は、訪問介護事業、居宅介護 重度訪問介護 就労継続支援を

行っています。 そして10月から移動支援の届出をして業務拡大にのりだす時

の電話でした!

今僕は、その事業所のサ責の変更届けを請け負ってたところ

社長さん「アキちゃん!サ責の担当になる方!ケアマネの資格をもって

た!!」


僕も「マジっすか!!」\(゜□゜)/もう変更届けなしで居宅介護支援併設しまし

ょう!!!


介護保険法の事業所はケアマネがどれほどありがたい存在か。

障害者総合支援法の事業所は行政の経過措置でケアマネのような存在が不

透明です。


セルフプランとかあるのですが、なかなか難しい問題でもあります。


しかし平成27年 相談支援員が今のケアマネの存在になることでしょう。


実は社長さんは相談支援員の資格もっています。

僕が関わった事業所が発展する事。

すごく嬉しくなります。

 

6月6日のアメブロより デイサービス(ある電話相談)

5月初旬、電話がかかりました。

デイサービス開業についての相談でした。

電話のむこうの男性の声はとても優しい声でした。

資金面ですぐに起業するのは難しいようでした。

男性もそのことは、わかっていました。

その男性は10年福祉の業界で働いていました。

その間、認知症の母の介護をしながらでした。

介護疲れとストレスで4年前に、母をたたいてしまいました。

その母は2年前に亡くなりました。

男性は悔やみました。

手をあげてしまったこと、

そして そのことを最後まで母にあやまらなかった自分に。


彼は僕に言いました。

「デイをはじめたいというのは、母にたいしての償いの意味もあるんです。   介護を必要と

している人達に楽しい場を提供していくことが、僕が亡くなった母にできる唯一の親孝行だと思

ってます。」




現実的な話、彼がすぐにデイをはじめることは無理です。



後日、男性から連絡がありました。

「もう少しお金がたまりましたら、真っ先に、先生にご相談します! そのときは是非よろしく

おねがいしますね。」


先生と呼ばないでください。

あなたのほうが、僕よりも先生です。

更新情報です。

      

          新大阪の行政書士 あきもと法務事務所 (大阪 兵庫 京都)
     〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新4-18-3グリーンハイム豊新102

新大阪周辺を中心に大阪・兵庫・京都

介護事業所設立をサポートします。

 
 
初心者ホームページ作成